忍者ブログ
映画やTVドラマの感想などです。 「映画」の楽しい話が 出来ると嬉しいです。 TB・コメント 大歓迎です!
| Admin | Res |
<< 04  2017/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    06 >>
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ザ・ウオッチャー」」     2000年 アメリカ
キアヌ・リーブス ジェームス・スペイダー マリサ・トメイ

うきゃきゃきゃっ 
キアヌ・リーヴス(うん?リース?リース?なのかな?)

ジェームス・スペイダー この2人の 美形が出てるのならば
「観るしかあるまい!」

キアヌは 「殺人犯」なのだぁ~。
この人は 主役なのに 「殺人犯も平気で演じるね」
まぁ キアヌは 『どんな役でも好きです!』
ちょいと 太った時と締まった時
髪の毛の長い時 短髪の時が 随分違うけど・・・ね。

どれでも 許せる。
変な役でも OKです!

きっと1番 好きかもしれないなぁ・・・と思ってます。
背が高く(185cm)て 内股に走るのは 気になるけどね(笑)
(キアヌは ハワイ語で「山々から吹いてきた涼しい風」の意味。素敵ね)

ジェームス・スペイダー この人は ハンサムだわ。
もう少し 活躍して欲しいです。

マリサ・トメイ・・・う~ん 見た事あるなと思ったけど
分からなかったよ。


FBI捜査官キャンベル(ジェームス・スペイダー)のもとに
連続殺人犯(キアヌ・リーブス)からの 犯行予告が届く。
詳細はこちら
ザ・ウォッチャー(2000) - goo 映画

PR
「明日の記憶」       2006年 日本
渡辺 謙  樋口 可南子  坂口 憲二   吹石 一恵 木梨 憲武

「若年性アルツハイマー病」50歳で発病
それを聞いただけでも 重いので 本当は 見たく無かった。

家族も 本人も 辛い映画になる・・・だろうから?

でも 渡辺謙と 樋口可南子の 夫婦役は 良かったよ。

「電車男」    2005年日本

   山田孝之  中谷美紀

TVの方の「電車男」から見た。

映画になる時この「山田孝之」って “どうよ~?”と思ってたけど

顔が本当は いいばかりに「キモイ!」と思う。

「中谷美紀」は 上手いね~。

TVの「伊東美咲」を見ていたせいか・・・(スゴイ美人で スタイル抜群!)

中谷美紀のこの自然な 演技・・・いいね~安心します。

ネットの住人も TV版の方が良かった!!

もちろん チビノリーダーこと?「伊藤敦史」は 抜群に泣かせてくてたよ。

背も高くなし 顔も・・・美形ではない 口調もはっきりしてない

けど 全部ひっくるめて イイんだなぁ~!

 なんだか素朴な「誠実」さが出てるので 自然と応援したくなります。

 まさしく ネットの住人の気持ちになれますね~。

 

映画もTVも 設定は同じなので 面白かったけど

   私は TV版の方が 断然好きです。

「ソウ2」   2005年

2006年に「ソウ3」が公開される予定。

あまりの怖さに 上映中止のウワサ。

ポスターに 俳優の血を使ったとか・・・。

 

「ソウ2」

犯人の 目的が分かれば こっちのもんだ~。

犯人が居るのが 1番怖くない所ですね。

 

ジグソウがアジトで捕まる そのアジトには

数台のTVモニターがあり 新しいゲームに臨んでいる8人の男女が姿が映し出されていた。

出口の無い館に閉じ込められ ゲーム開始と共に、遅効性の毒ガスが館内をくまなくめぐっていく。

2時間以内にゲームに勝ち抜き、解毒剤入りの注射器を手に入れないと、全員が死んでしまう。

しかもその中には 刑事の息子もいた。

 

その7人には 刑事に捕まったとう 共通な事があり

正体がばれたら息子の運命は・・・?

色々な 解毒方法があるけど それを試すうちに 一人 一人と死んでいく

「悲惨な死に方だ」

 

その中の1人 「ジグソウ」の遺志を継ぐものが・・・?

ほう? そう来たか?って感じですよ。

 

またまた 最後には 「ソウ」の最初の部屋=汚いトイレに通じていた

どうなる・・・?

「ソウ」  2004年

“コワイらしい?!”で観たんだけど

それ程でもなかった。

私は 「怨念」モノが 1番コワイので これは観ない!!と決めている。

 

密室で=汚い~ トイレの中で これが1番ブキミ!

足を鎖に繋がれ 目覚める2人の男性

ジグソウ(糸ノコギリ)と 呼ばれる謎の殺人鬼(実際には手をくださない)

に監禁されて 殺人ゲームを強要される2人の運命を描いた

サスペンススリラー。

 

今まで 何人か殺され=自分で 死を選択してしまう 殺人事件があり

このジグソウの仕業。

犯人を追う刑事などの話が入り。

怖さを盛り上げて行く。

 

「6時間以内に相手を殺せ」

 謎ときの 道具として与えられる 

  テープレコーダーとテープ、一発の弾丸、タバコ2本、携帯電話、2本のノコギリ

  いや~なかなか いいです この展開は・・・。

 

最後 どうなるのか・・・?

真ん中で 死んでた男が起きあがった時には 「やられた~」ねっ。

最後 どうなるんだろう?

ノコギリで 足首を切断して 鎖から逃れ助けを呼びに行く・・・

出血が激しい 2人の運命は・・・?

 

犯人の意図は・・・?

 

 

≪   前のページ   HOME  
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/07 じゃす]
[05/20 まーこ♪]
[05/19 讃岐の造]
[04/09 まーこ♪]
[03/30 讃岐の造]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
まーこ♪
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・読書・PC・太極拳
自己紹介:
「映画」が好きです。
映画館で観る事は なくなってしまったけど
“WOWOW”とかTVで見た 
映画の感想などを 少し書いてます。

コメント 大歓迎です♪
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)映画空館 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]