忍者ブログ
映画やTVドラマの感想などです。 「映画」の楽しい話が 出来ると嬉しいです。 TB・コメント 大歓迎です!
| Admin | Res |
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  「ダイ・ハード4.0」の 4.0とは 何か 調べてきました 

ネットより
  
『ダイ・ハード4.0』(Die Hard 4.0 / Live Free or Die Hard)は、
2007年のアメリカ映画。
12年ぶりに制作された「ダイ・ハード」シリーズ第4作。

北米での原題は"Live Free or Die Hard"だが、
北米以外では"Die Hard 4.0"のタイトルで公開されている。
丁度「Web 2.0」というバズワードが流行した時期であることと、
サイバーテロが扱われてることもあって「4.0」と
ソフトウェアのバージョン番号風になっている。
邦題の読みは、CM等では「ダイハード フォー」となっている。

 


 主人公の「ワシントンD.Cへ犯人を護送するだけだったのに」というセリフは、
   映画『16ブロック』のセルフパロディである 。

 ジョン・マクレーンの日本語吹き替えは野沢那智(劇場版)バージョン
  樋浦勉(DVD版)バージョンが1枚のDVDに収録されている

 娘のルーシーに呼び捨てにされ、
  「その呼び方はやめろ」という演出は『アルマゲドン (映画)』のセルフパロディである。
  「アルマゲドン」というセリフも劇中で何回か言われている

北米での題名"Live Free or Die Hard"は、
 ニューハンプシャー州の標語(state motto)
 「Live Free or Die|Live Free or Die(自由を、さもなくば死を)」のもじりである。
 このため、本作のプリントをイギリスへ運ぶ際に「ニューハンプシャー」という暗号名を使って
 何の映画か分からないようにした。




 で。。。「4.0」が 何か 分かったかと言えば。。。
      わっかりません

   
ソフトウェアのバージョン番号風 なんですね??

   

PR
kikuchi-2.jpg






「バベル」  2006年 アメリカ・メキシコ
プラッド・ピッド  菊池凛子 役所広司 ケイト・ブランシェット

モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)と
スーザン(ケイト・ブランシェット)がモロッコの荒野で
アメリカ観光客を乗せたバスが
襲撃されて  妻が負傷するという事件が起こる。

アメリカでは その幼い子供達を 面倒を見る メキシコ人の乳母
息子の結婚式の為に メキシコに行かなくてはないらないが
すぐに ベビーシッターが見つからないので 子供達を連れていく。

東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコ(菊地凛子)は
母の自殺後 父親と暮らし 満たされない何かがあった。

モロッコでの 異国での負傷での いらだち。
また 撃った子供達のとまどい。
東京でのチエコの存在とは?
メキシコに連れて行かれ 国境で置き去りになった子供達は?



緊迫感があるんだよね・・・。
それは 先が読めないけど 悲しい感じが一杯だった。
誰かが 悪いのでも無くて 「偶然の繋がり」だけで 起こった事。


最後には 誰も死ななくて良かったよ・・・?
あのモロッコの子供は どうなったのか?
チエコが 刑事に渡した メモには何が書いてあった?
最後の エンディングには 何の意味があったの?

メキシコ人の乳母役 「アドリアナ・バラーザ」
子供達を親身に面倒を見て すごく良かったわ。
一生懸命だったのに 最後の扱いは いいのかい!

子役の女の子 「エル・ファニング」 ダコタちゃんの妹だったのね~?
似てると思ったわよ。
 
想像した内容と 全然違ってたわ~♪
言葉の通じない相手と 会話出来る 手話で 全世界を
相手にするのかと思ってたけど?
だから 聴覚障害の娘の存在が 大きくなるのかと思ってたけど
日常の事では無いけど ありそうな事件でもある・・・世の中の話だった??

「バベル」の意味は・・・?

 









「ディパーテッド」  2006年 アメリカ
レオナルド・ディカプリオ   マッド・デイモン  ジャック・ニコルソン

レオナルド・ディカプリオ 好きな俳優である!
この映画は 面白かった!
これぞ「映画を観た!」って 感じである。。。久々である。
前は 「レイ」を観た時だったね。
“見応えがあり 息をもつかせない 152分でも 長く感じない”

生い立ちや親族の為に 宇宙飛行士並の優秀な頭脳を持ちながら
マフィアの潜入捜査を命じられる 若き警察官。
それも回りの人にも知らせない為に 2人の上司しか
素性を知らない・・・。
この2人が また いいんだなぁ~。

苦悩する ディカプリオの表情が何とも 悲しく
助けて!! 助けて!! と力がこもる。

マフィアのジャック・ニコルソンの 恐ろしくもある顔
大丈夫・・・? 負けないで ディカプリオ!?
感情移入してるので ドキドキして 早く潜入捜査を止めさせて
警官に戻して・・・!!

マッド・デイモンは 反対にマフィアから警察に潜入している。
悪の中で生きて来たのに 隠し続けて 上手く立ち振る舞う。

最後の所で 2人が始めて 出会うけど・・・この2人のシーンも
いいわ・・・また 別の映画2人で観たいわ。

ディカプリオが撃たれるシーンも あっけなく・・・。
どうしたの?って 感じ 起きて!!

生に対する2人の違い・・・。

最後は 悲しい結末だったよね・・・。


「ホリディ」  2006年 アメリカ
キャメロン・ディアス  ケイト・ウィンスレット ジュード・ロウ  ジャック・ブラック

休暇の間だけ お互いの家を交換した 失恋した2人の女性
LAと ロンドンで 恋に巡り会う。

キャメロン・ディアスと ジュード・ロウと 恋・・・って どうみても
ケイト・ウィンスレットだけ くじがはずれてしまったと感じていたが・・・
そうでも無いね(笑)

キャメロン・ディアスと ジュード・ロウは キレイでお似合いだわ。
私は キャメロンの 「キャピキャピ」した演技(地?)は 嫌いなのよ
しっとりと話す時の方が 美しく感じるよ。

ケイト・ウィンスレットは 大人になって良くなったね。
本当に 「美しい」 この「アイリス」という役も いい役だわ。
本来なら じぇんじぇん格好良くない ジャック・ブラックも 良く見えるわ。

しかし LAの「アマンダ」の家は 途方もなく 高級なお家ね~♪

ロンドン郊外の 「アイリス」のお家は 「ローズハウス」は 田舎だけど
とっても素敵なんですよ。

LAの近所に住む 映画の脚本家の老人が またこれいいんだわ・・・。

2人の恋が 交わり 最後は 出会う・・・4人と・・・。

この「映画」は 好きだわ!
素敵な 映画でした。
「ウィンターソング」  2005年  香港
金城武  ジョウ・シュン 
 
金城武 見たさで見た映画。
この人のも 当たりはずれがあるわね・・・。

私は 「金城武」が見れればいいけどね。

チャングムの誓いの 「チ・ジニ」が出てた。

みんな 歌っていたが 本人が歌ってるのなら
みんな上手いね。

10年前の 役と今の 役を 見事に演じていた主演の2人。
やはり 金城武は イイ!
相手の女優さんがね・・・あまりねぇ・・・と
思ってしまった。

内容は 分からない所もあった。
  HOME   次のページ   ≫
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/07 じゃす]
[05/20 まーこ♪]
[05/19 讃岐の造]
[04/09 まーこ♪]
[03/30 讃岐の造]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
まーこ♪
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・読書・PC・太極拳
自己紹介:
「映画」が好きです。
映画館で観る事は なくなってしまったけど
“WOWOW”とかTVで見た 
映画の感想などを 少し書いてます。

コメント 大歓迎です♪
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)映画空館 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]