忍者ブログ
映画やTVドラマの感想などです。 「映画」の楽しい話が 出来ると嬉しいです。 TB・コメント 大歓迎です!
| Admin | Res |
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[93]  [94]  [92]  [90]  [89]  [88]  [87]  [85]  [82]  [79]  [80
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「パフューム ある殺人の物語」  2006年 ドイツ・フランス・スペイン  
ベン・ウィショー  ダスティ・ホフマン

「究極の香」とは・・・人それぞれ “香” 対しては 感覚が違う!?

しかし この「映画」からは よい香がしないのは なぜか?

映像からも 香が・・・しない。

それは この時代のパリは 「臭い!」と 言う言葉で 表されてるからか?

「汚い」・・・香も 映像も 美しくない。

ただ ひとつ ラベンダー畑からは いい香がしたが・・・後は 悲惨である。

この手の映画は 嫌いでは無いはずだが・・・。

どうも好感度は 得られない。

主人公にも 全然肩入れ出来ない。

出てくる誰にも・・・美しさが ない。

どうして 12人もの人を殺し・・・誰も 気付かないのか?

主人公に 体臭が無いから 存在価値が無いから?

生まれ落ちた時から 悲しい運命を持ち それでも
 
驚愕の 体力をもち 生き抜く・・・「香を求めて」

人を殺す・・・香を取る 

CMでは 期待したが 映画は・・・汚い。


最後の結末・・・は 何とも言い難い。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
気に入ってます
まーこ♪さん、これ観ましたか!
まーこ♪さんには少々不評のようですね。
確かに美しさはないです。
おぞましい部分が強調されてましたから。
ある意味、変態の世界ですよね。

でも、こういうタイプの映画って、今までなかったなあ~と思って、
私はその感性に衝撃を受けました。
見てはいけないものを見たような感じです。
YAN URL 2008/04/16(Wed)14:35:16 編集
香水から 想像したら^^;
私も「嫌いじゃーない映画」なんですが
香水から 思うイメージからすると
何だか 「臭い」を感じて・・・(-_-;)
出来たら「匂い」を感じさえて欲しかったです。

可哀想な出生なのに 主人公に全然同情も
何も持てない・・・ある意味スゴイ映画ですね。
淡々と 殺人をこなしてるからかな?
「感情」がどこにも無いからかな?

すごい「感性」の持ち主なのに 勿体ないですよね。
まーこ♪ 2008/04/16(Wed)14:52:06 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
パフューム ある人殺しの物語
監督:トム・テクヴァ  製作:2006年 ドイツ フランス スペイン 出演:*ベン・ウィショー *ダスティン・ホフマン *レイチェ...
URL 2008/04/16(Wed)14:36:42
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/07 じゃす]
[05/20 まーこ♪]
[05/19 讃岐の造]
[04/09 まーこ♪]
[03/30 讃岐の造]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
まーこ♪
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・読書・PC・太極拳
自己紹介:
「映画」が好きです。
映画館で観る事は なくなってしまったけど
“WOWOW”とかTVで見た 
映画の感想などを 少し書いてます。

コメント 大歓迎です♪
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)映画空館 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]