忍者ブログ
映画やTVドラマの感想などです。 「映画」の楽しい話が 出来ると嬉しいです。 TB・コメント 大歓迎です!
| Admin | Res |
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[54]  [51]  [50]  [52]  [49]  [48]  [47]  [46]  [72]  [42]  [43
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ALWAYS  三丁目の夕日」    2005年

吉岡 秀隆  堤 真一  薬師丸 ひろ子  小雪  堀北 真希  

 昭和33年 東京 夕日町三丁目。東京タワーの建設途中の東京

自動車修理工を営む「鈴木家」(堤真一・薬師丸ひろ子・子役=小清水一輝)に 

集団就職で六子(堀北真希)が 希望を胸にやって来た。

鈴木家の向かいに 駄菓子屋の店主で 売れない作家「芥川竜之介」

(吉岡秀隆)は 飲み屋の女将(小雪)から 身寄りのない子供(須賀健太)を

任されてしまう。

 

堀北真希の オデコを全開にして おさげで 集団就職で上京して来る。

田舎から出て来て どこに勤めるか ドキドキしてただろうね。

(映画の途中で見せた顔は やはり綺麗な子だなぁ~と思わせる)

町の車修理工場 従業員自分だけ・・・で 落ち込む。

堤真一は 今の日本映画には欠かせない 1人になっているようだ。

下町の頑固オヤジだ。子供役の一平(小清水一輝)が可愛い!

 

子供達が遊ぶ空き地には 定番の「ドカン」が置いてあった。

「三種の神器」として 冷蔵庫・洗濯機 そして白黒TVが出てくる。

TVは近所の人が 見に来て 人でごった返してる。

近所の人との付き合いも 人情味があふれ・・・「いい時代だった」のか?

 

今 Dr.コトー出演で 私の中で メキメキ好感度上昇中(笑)

吉岡秀隆=茶川竜之介  『ええーっ?この名前は?』いいの~。

(私完璧に 間違ってました 「芥川竜之介」では無くて 「茶川」ですね。)

身寄りのない子供が 「古行淳之介」 『ええーっ この名前は?』

(私ここも も違ってます! 「吉行淳之介」では無くて 「古行」ですね。)

マンガを読んでないで 内容の深い所が分からないのですが

どうなってるのかな~?と思いつつ。

この2人の関係に やはり「涙しますね。」

実の父(裕福な社長)が引き取りに来たのに 貧乏な 芥川を選んで 帰って来る。

 

小雪の ポスターでの「あの手のシーン」は 何だったのか?

気になっていたが 「指輪」だったのね? 芥川(吉岡)が ヒロミ(小雪)に

箱だけしか買えず 指輪が無い。「婚約指輪」を 小雪の指にはめてやる時

“無い指輪が見えた!” 小雪の綺麗な手に 指輪が入って行くんですね。

 

最後は 夕日の中に 東京タワーが完成していた。

「昭和33年 貧しいけど 大人も子供も元気な時代」

 

あ~また 続きが見たいと思う映画でした。

続編が来年出来るそうですね。 いい映画でしたもんね。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
なるほど・・・
まーこ♪さんの感想を読んで、
最後の20~30分を観ただけで、
なんだか全部観たような気になりましたよ。

でも、いつかちゃんと、いい時代のほのぼの感を、
味わってみないといけませんね。
YAN URL 2006/12/04(Mon)16:11:54 編集
YANさんへ
YANさん こんばんは~。
長い映画でしたが 長さを感じませんでしたよ。
昭和33年の東京の風景は どういうのは知りませんが もっと「街並み」は見たかったかな?
再現は無理ですものね?

三浦友和や もたいまさこも出てるんですが 他の人の 深い~人物像までは描けませんね?

分かりやすいし 泣けるし いい映画かな?(笑)
まーこ♪ URL 2006/12/04(Mon)20:04:42 編集
おじゃまします
おじゃまします。
私のブログにコメントいただきありがとうございました。
この映画、良い映画だと思うのですが、前評判の高さから期待させられすぎて、結果期待はずれ感もアリという感じでした。
泣きたかったんだけどなぁ。ギリ泣けなかったです。残念。
では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願い致します。
ピロEK URL 2006/12/05(Tue)21:20:24 編集
ピロEKさんへ
ピロEKさん 始めまして いらっしゃいませ。
そうですね「良い評判で期待大」に見ると あら~そうでも無いわね~と思う映画もありますよね?

先日 そんな先入観で見た映画の感想を書いて
痛手をこうむった事があるので
あくまでソフトに書いてしまいました(-_-;)
(小心者です)

こちらそこ どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m
まーこ♪ URL 2006/12/06(Wed)15:40:48 編集
コメント&TBありがとうございました
こんばんは。

コメント&TBありがとうございました。
ホロリとさせられ、実にほのぼのとした気持ちにさせられる作品でした。
最後の夕陽のシーンと子供のセリフはいいですね。

では、またお邪魔させたいただきます。
イエローストーン URL 2006/12/06(Wed)18:31:35 編集
イエローストーンさんへ
イエローストーンさん 始めまして こんばんは。

昭和の時代は 子供も大人も元気な時代でした。
懐かしむ映画ですかね? 悪ガキんちょ達も可愛いかったです。
夕日は 今も変わらない・・・。

TBありがとうございます。
私も 遊びに行きますね。
どうぞよろしくお願いします。
まーこ♪ URL 2006/12/06(Wed)19:53:20 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ALWAYS 三丁目の夕日…邦画マイブーム再燃なるか?
今週の北部九州はずっといい天気{/kaeru_fine/}みたい。職場には窓が無いんですけどね{/face_ase1/} ブログに記事と一緒に天気を書いてて思うことは「いい天気{/fine_sim/}」の割合って多いんだなぁということ。 あんまり雨マーク使った記憶ないですもんねぇ。 最近はたくさんコメントいただいて、キチンとお返事書きたいのですがなかなか時間がとれません{/dogeza/} コメントいただいた方々ありがとうございます{/dogeza/} 返事はボチボチになっちゃいますがご容赦ください{/...
URL 2006/12/03(Sun)23:01:58
50年後も綺麗な夕陽・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」
昭和33年、東京の下町。ある日、町工場の鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってきた。大きな自動車会社を想像していた六子はイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介。彼はひょんなことから、小料理屋のおかみ・ヒロミのもとに連れてこられた母親にすてられた少年・淳之介の世話をするハメになってしまう・・・
URL 2006/12/05(Tue)22:10:44
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は...
URL 2006/12/06(Wed)02:18:18
ALWAYS 三丁目の夕日
評判いいですね、この映画。 観よう観ようと思っていると、TVで放映。 ラッキー。(^^) 昭和33年の東京。 短気だが情の厚い則文が営む小さな町工場に 青森から集団就職で六子がやってくる。 向かいの駄菓子屋の茶川は、 芥川賞の選考に残った経験がありながら、 今は
URL 2006/12/07(Thu)01:20:19
ALWAYS 三丁目の夕日/堤真一、吉岡秀隆、小雪、掘北真希
いやぁぁぁ、ヨカッタぁぁぁ、もぉ最高に笑顔と涙があふれこぼれるハートウォーミングな素敵な作品でした、感動的ですっ。女性だけではなく年配の男性のすすり泣きが劇場のあちこちから聞こえてきましたヨ。もちろん私もとっても気持ちよくボロ泣きしちゃいました。原作のこ....
URL 2006/12/07(Thu)18:33:15
同じ夕陽を見ている~「ALWAYS 三丁目の夕日」~
いや、あのその・・もじってどうもです。 ラストシーンの情景が印象的だったもので。 ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版西岸良平 山崎貴 吉岡秀隆 バップ 2006-06-09売り上げランキング : 159Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 -ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ 男たちの..
URL 2006/12/09(Sat)14:13:32
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/07 じゃす]
[05/20 まーこ♪]
[05/19 讃岐の造]
[04/09 まーこ♪]
[03/30 讃岐の造]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
まーこ♪
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・読書・PC・太極拳
自己紹介:
「映画」が好きです。
映画館で観る事は なくなってしまったけど
“WOWOW”とかTVで見た 
映画の感想などを 少し書いてます。

コメント 大歓迎です♪
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)映画空館 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]