忍者ブログ
映画やTVドラマの感想などです。 「映画」の楽しい話が 出来ると嬉しいです。 TB・コメント 大歓迎です!
| Admin | Res |
<< 01  2017/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28    03 >>
[90]  [89]  [88]  [87]  [85]  [82]  [79]  [80]  [78]  [76]  [86
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

kikuchi-2.jpg






「バベル」  2006年 アメリカ・メキシコ
プラッド・ピッド  菊池凛子 役所広司 ケイト・ブランシェット

モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)と
スーザン(ケイト・ブランシェット)がモロッコの荒野で
アメリカ観光客を乗せたバスが
襲撃されて  妻が負傷するという事件が起こる。

アメリカでは その幼い子供達を 面倒を見る メキシコ人の乳母
息子の結婚式の為に メキシコに行かなくてはないらないが
すぐに ベビーシッターが見つからないので 子供達を連れていく。

東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコ(菊地凛子)は
母の自殺後 父親と暮らし 満たされない何かがあった。

モロッコでの 異国での負傷での いらだち。
また 撃った子供達のとまどい。
東京でのチエコの存在とは?
メキシコに連れて行かれ 国境で置き去りになった子供達は?



緊迫感があるんだよね・・・。
それは 先が読めないけど 悲しい感じが一杯だった。
誰かが 悪いのでも無くて 「偶然の繋がり」だけで 起こった事。


最後には 誰も死ななくて良かったよ・・・?
あのモロッコの子供は どうなったのか?
チエコが 刑事に渡した メモには何が書いてあった?
最後の エンディングには 何の意味があったの?

メキシコ人の乳母役 「アドリアナ・バラーザ」
子供達を親身に面倒を見て すごく良かったわ。
一生懸命だったのに 最後の扱いは いいのかい!

子役の女の子 「エル・ファニング」 ダコタちゃんの妹だったのね~?
似てると思ったわよ。
 
想像した内容と 全然違ってたわ~♪
言葉の通じない相手と 会話出来る 手話で 全世界を
相手にするのかと思ってたけど?
だから 聴覚障害の娘の存在が 大きくなるのかと思ってたけど
日常の事では無いけど ありそうな事件でもある・・・世の中の話だった??

「バベル」の意味は・・・?

 







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ダコタちゃんの妹だったのね
まーこ♪さん、こんにちは!
私も、チエコが刑事に渡したメモの内容を知りたかったわ。
明かしてくれてもいいのにね。

エンディングって、父娘で抱き合うシーンの事ですか?
普通、娘が裸だったら父親って驚くものでしょーが。
心が近付いたハッピーエンドと、単純にとっていいものやら。
この作品は、ちょっと分かりにくいものがありましたね。

上の画像の菊地凛子さん、目がいいですね~!
YAN URL 2008/04/14(Mon)16:35:27 編集
バベルの塔
YANさん こんにちは~♪
そうそう この「バベル」の意味は YANさんが
書いたように 言語の違いだけど・・・意思の疎通が出来ない事だけで 世界が変わるようになるのはね・・・もう少し 何か欲しかったわ。

あの 高層ビルで 裸の娘・・・っていうのもね?
何か意味があるのかな?

行き詰まる作品でしたね。
他の人のブログ覗いた時に書いてたけど 
あの乳母の人が 救われない感じよね?
まーこ♪ 2008/04/14(Mon)17:41:46 編集
乳母は気の毒でしたよね!!
おはようございます。
群像劇なので、あの人この人とみんなに思うことがいっぱいありますよね。どうしても凛子さんが日本人なので、そこに話題が行ってしまうのですが、同情すると言った点では、あの乳母に対してはダントツに可哀相に感じてしまいましたよ。確かにいろいろとまずいこともあったとは思うのですが、今まで培ってきた全ての生活を失ってしまったのですよ。不法入国で働くメキシコ人の乳母の特集みたいなものを以前テレビで見たことがあるのですが、何か監督はそんなところに何かメッセージでも込めたのでしょうか。
私も思っていた映画とはぜんぜん違っていました。私も、凛子が演じるちえこが手話で大活躍のアクションものだと思っていたのですよ(笑)
なんたってブラピだし。
kiriy URL 2008/04/16(Wed)09:04:36 編集
ブラピ
kiriyさん おはようございます。
日本の凛子さんを 取り入れてくれて 嬉しかったんですが・・・何だかね?
確かに 演技は良かったですが 現し方が好きでは
なかったですよね^^;
苛立ちとか 出てましたが・・・。

メキシコ人に対しては あまり知られてないけど
色々あるんですよね?
でも あそこでブラピに救くって 欲しかったです。私は 乳母が1番心配で・・・(/_;)

この映画のブラピは 良かったですよね。
でも活躍はなかった(-_-)
まーこ♪ 2008/04/16(Wed)09:17:30 編集
無題
はじめまして、ホーギーと言います。
いつもお世話になっているYANさんのブログからきました。
この映画は見終わった後に、「結構、奥が深いなあ」とあらためて感じる映画でした。
まず、何と言っても、この映画の内容を見事に表している「バベル」というタイトルが素晴らしいと思いました。
異国で言葉が通じ合えないせつなさ、聴覚障害者の人との通じ合えないせつなさなどを一丁の銃によるある事件をきっかけに、それらが通じ合えることになるというストーリーの素晴らしさに感心させられました。
それから、ブラピとケイトの渋い演技が光っていました。
ただ、何度も観たい映画か?と言われるとちょっと・・・・という映画ですね。
ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。それとTBもお願いします。
ホーギー URL 2008/07/01(Tue)21:55:43 編集
ホーギーさんへ
ホーギーさん 始めまして いらっしゃいませ。
私は「バベル」と言いますと。「バベル二世」を想像して 思い入れがある為に 言葉の壁を神様が作られて・・・。そこの所を想像してましたが
発端は 小さなことが 世界の何処かで 繋がってる・・・怖さが 出て 緊張感のある映画でした。

ブラピとケイトは 美しかったですね^^;
TBありがとうございました。」
私も 遊びに行きますね。
これからも よろしくお願いします。
まーこ♪ 2008/07/03(Thu)18:28:42 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
バベル
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 製作:2006年 アメリカ 出演:*ブラッド・ピット *ケイト・ブランシェット *ガ...
URL 2008/04/14(Mon)16:36:16
バベル
バベル - goo 映画  日本人女優としては実に35年ぶりという、ゴールデングローブ賞助演女優賞ノミネートの快挙を成し遂げた菊地凛子。 と言う事で、話題を集めた「バベル」を5月9日に観た。モロッコで放たれた銃弾のそのライフルの持ち主は日本人だった、というのは知っていたが、その他の予備知識無しで観に行った。予備知識無しでも、なぜかとんでもない先入観を持っていた。   かって神の怒りによって世界はいくつもの言語に分かれ、その意思は通じないものになってしまったと言う、「バベル」の説...
URL 2008/04/16(Wed)09:06:15
バベル
本作品のキーワード : 『現代社会におけるバベルの塔とは』  【公   開】 2007年 【時   間】 143分 【製 作 国】 アメ...
URL 2008/07/01(Tue)21:55:11
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
フリーエリア
最新コメント
[12/07 じゃす]
[05/20 まーこ♪]
[05/19 讃岐の造]
[04/09 まーこ♪]
[03/30 讃岐の造]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
まーこ♪
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・読書・PC・太極拳
自己紹介:
「映画」が好きです。
映画館で観る事は なくなってしまったけど
“WOWOW”とかTVで見た 
映画の感想などを 少し書いてます。

コメント 大歓迎です♪
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)映画空館 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]