忍者ブログ
映画やTVドラマの感想などです。 「映画」の楽しい話が 出来ると嬉しいです。 TB・コメント 大歓迎です!
| Admin | Res |
<< 01  2017/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28    03 >>
[92]  [90]  [89]  [88]  [87]  [85]  [82]  [79]  [80]  [78]  [76
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「それでもボクはやってない」   2007年 日本
加瀬 亮  またい まさこ  役所広司  山本耕史

もう このタイトルからして 「信じる」事が 念頭に置かれてしまった。
絶対「やってない!」なのに どうして痴漢に間違われて
裁判までになって 行くのか・・・そして 最後は
「無罪」と 誰もが疑わない・・・ハズなのに “どうして!?”

えん罪の怖さ・・・?
真実なら 罪に問われない “はず”なのに どうして?
母親の 「もたいまさこ」の 演ずる 母親が 淡々としていい。
もう少し 「取り乱したり」するはずなのに・・・。

罪に問われた時に どう行動するか? 殆どの人は 未体験で
どう振る舞っていいか 分からない。
警察に行ったら 普通は 自分の言った事を 信用して
返してくれる ハズ・・・だよね?(一般市民は そう思うよ)

警察も 色々な事件を抱えて 「痴漢」について そんなに 力を入れないのか?
ここに 「科学捜査班」とかの介入もないし・・・。

弁護士にしても 「痴漢」に 関わりたくないのか?
女性に弁護士なら やはり 「痴漢」とかの弁護は 嫌だろうが?
瀬戸朝香の弁護士も 始めはやるきなし。

役所広司が出て来た時には 「助かる?」と思う・・・重みが出てきた。
やはり 弁護士次第・・・とか 思わされたが・・・。

途中で 裁判官が替わったりして
支援者を集めしたりとか 目撃者を捜して 実証テープを作成したり
こんな事は 全部 自分たちでするのか・・・?

長い~裁判で 家族や友人や支援者が 不可欠になるんだね?

最後の裁判で 友人の山本耕史の言った
「こんな裁判 見てられるか!!」
そうだよ その言葉だよね・・・誰もが あまり 怒らない中
不満も募るよね?

淡々と 描いてる中 見てる私も 怒りはあまり出て来ないけど
やはり「裁判は公正に行われるべきだと思う。」

確かに 痴漢は許せない行為である 女子高校生からしてみれば
絶対 許し難いものだ・・・。
何度も会っているのなら 自分でも 防ぐ事を考えねば。。。
(鈴木蘭々がしたように スカートの下に スパッツをはくとか?)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
まーこ♪さん、こんにちは!
このテンプレートかわいいですね。
字も大きめで読みやすいです。
(私って、字の大きさの事ばかり言ってる?)

この映画って、「そんなバカな」「どうして?」と思いながら、
万が一、自分たちが当事者になったら、という勉強ができましたね。
家族なら、真剣さを見せて、証人を探したり傍聴席を満席にしたり
支援していかなくちゃいけないんですね。

もたいまさこは、心の中は取り乱していたんじゃないかなあ。
それを外に出さないようにして、自分で「冷静に冷静に」と
言い聞かせて、とにかく息子を信じて息子のために、
やるべき事をこなしていったように見えました。
YAN URL 2008/03/11(Tue)14:18:38 編集
YANさんへ
う~ん テンプレート変えました。
YANさんが言ってたように 毎回インソールしてとか
上に出ますね。。。(鬱陶しいですね!)
で。。。疎遠になる ブログ(>_<)

この映画 コワイですよね。
こんな事が 本当だった 犯罪者にしたてられる
事も あると言う事ですね?
裁判で 真実が明かされると 一般人は信じて
ますよね?それに 裁判は高額とかも思うと
何だかね・・・?

アメリカとか 訴訟の国では無いので
裁判の映画とかは 日本ではあまり目にしませんが
こんな事もあるのですね?

うーん! もたいまさこ 良かったですね。
私も あんな人になりたいです。。。
でも 無理だろな・・・。(笑)
まーこ♪ 2008/03/30(Sun)18:19:06 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
それでもボクはやってない
監督:周防正行 製作:2007年 日本 出演:*加瀬亮 *役所広司 *もたいまさこ *山本耕史 十人の真犯人を逃すとも 一人の無辜...
URL 2008/03/11(Tue)14:19:43
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
フリーエリア
最新コメント
[12/07 じゃす]
[05/20 まーこ♪]
[05/19 讃岐の造]
[04/09 まーこ♪]
[03/30 讃岐の造]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
まーこ♪
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・読書・PC・太極拳
自己紹介:
「映画」が好きです。
映画館で観る事は なくなってしまったけど
“WOWOW”とかTVで見た 
映画の感想などを 少し書いてます。

コメント 大歓迎です♪
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)映画空館 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]