忍者ブログ
映画やTVドラマの感想などです。 「映画」の楽しい話が 出来ると嬉しいです。 TB・コメント 大歓迎です!
| Admin | Res |
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[79]  [80]  [78]  [76]  [86]  [77]  [83]  [84]  [99]  [102]  [75
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「王の男」  2006年 韓国
イ・ジュンギ  カム・ウソン


16世紀の韓国の宮廷を舞台に繰り広げられる歴史ドラマ
地方の旅芸人一座の花形チャンセン(カム・ウソン)と
女形のコンギル(イ・ジュンギ)は、一座を抜け漢陽へ向かう。
彼らはそこで宮廷をからかった芝居を上演し、
民衆の心をつかむ。だがある日、
王の重臣(チャン・ハンソン)に宮廷で芸を披露し
王(チョン・ジニョン)が笑わなければ死刑だと言い渡される。


王は 暴君らしいが 哀しみも伝わってくるし
品が無い王様である・・・。
「女より美しい男」として 「イ・ジュンギ」を見たかったが
美しい顔だが 顔が大きいなぁ・・・。(笑)

チャンソンと コンギルの 愛の型描きたかったのか?
王様に 寵愛された コンギルの悲しみを 描きたかったのか?
暴君を いさめる芸をさせ腐敗した 政治を辞めさせたかった 重臣のたくらみ・・・。

ただ・・・観てしまったが もう一歩 踏み込んでみたかった映画である。


昔観た 映画「さらば、わが愛 覇王別姫」
を思い出したが あれは 素晴らしい映画であった。



「イ・ジュンギ」ドラマが始まった。
こっちの方が 楽しみだわ~。

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[12/07 じゃす]
[05/20 まーこ♪]
[05/19 讃岐の造]
[04/09 まーこ♪]
[03/30 讃岐の造]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
まーこ♪
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・読書・PC・太極拳
自己紹介:
「映画」が好きです。
映画館で観る事は なくなってしまったけど
“WOWOW”とかTVで見た 
映画の感想などを 少し書いてます。

コメント 大歓迎です♪
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)映画空館 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]