忍者ブログ
映画やTVドラマの感想などです。 「映画」の楽しい話が 出来ると嬉しいです。 TB・コメント 大歓迎です!
| Admin | Res |
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [59]  [58]  [57
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「薔薇の名前」       1986年 フランス・イタリア・西ドイツ
 ショーン・コネリー   クリスチャン・スレーター  

「薔薇の名前」 この題名の 何て素敵な事か?
内容は この題名から私が勝手に想像したものと
全然違ってた・・・けど。

中世のキリスト教  ある教会の連続殺人の謎に
中年の僧と見習修道士が解明する物語。


見たいと思いつつ・・・すでに 40分も過ぎていた
しかしっ(映画は始めから 見ないと嫌だ!!)
見たよ~。

このショーン・コネリーの 渋さ・格好良さ・軽快さ
どんな時も 貴男なら 大丈夫と思わせる 顔の表情だ好きだ。
本当 何歳になっても素敵です。(年を取った方が好き)

この見習い修道士が 見習いって「顔」してる所がまた
可愛いだよね~。
えっ?? これ「クリスチャン・スレーター」だったの?
どこかで 見た顔だけど・・・思い出せなかったよ。
ピッタリだった。

この「創りものでは無い“重厚さ”が出てる」雰囲気の 映画
   好きだ!


最後に解説で 
本がある事を知る・・・読みたい!

「おどろおどろしい内容で 難解だと言われている」らしい。
確かに キリスト教自体 私にとっては 分からない部分も多いし
解釈の仕方も難しい。

でも こう言った内容・雰囲気の 映画・本は好きである。 

最近では 「ダヴィンチ・コード」のような本 この人の本も面白かった。
私は 「天使と悪魔」の方が 好きだ。

う~ん 久々に いい映画でした。

始めの40分が気になるので 機会があればまた観たい!
(解説では 始めの20分は あまり・・・関係なくて それから
 グイグイ引き込まれ行くと言ってたけどね?)



「薔薇の名前」とは
 キリストが 付けた名前?

 明記されたない 登場人物の 農民の娘の名前?

 この「薔薇の名前」にも 色々な論争があるらしい? 

  深いんですね?




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
こっそり訪問。
ショーンコネリーは「ザ・ロック」の時が一番好きだな老いてるにもかかわらず頑張ってるよね
シュレーターは「ヤングガン2」の時がかっこよかった(笑

機会があれば「薔薇の名前」鑑賞してみます!
girochin URL 2007/04/11(Wed)11:49:39 編集
ギロチンさんへ
ギロチンさん おはようございます。
う~ん HNが コワイ!(笑)

ショーン・コネリーは 年を重ねる事に 魅力も増す 素晴らしい俳優さんですね。カッコイイですね。

スレーターは「忘れられない人」や「トゥルー・ロマンス」の頃が いいです。

まーこ♪ URL 2007/04/12(Thu)09:02:33 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[12/07 じゃす]
[05/20 まーこ♪]
[05/19 讃岐の造]
[04/09 まーこ♪]
[03/30 讃岐の造]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
まーこ♪
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・読書・PC・太極拳
自己紹介:
「映画」が好きです。
映画館で観る事は なくなってしまったけど
“WOWOW”とかTVで見た 
映画の感想などを 少し書いてます。

コメント 大歓迎です♪
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)映画空館 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]