忍者ブログ
映画やTVドラマの感想などです。 「映画」の楽しい話が 出来ると嬉しいです。 TB・コメント 大歓迎です!
| Admin | Res |
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  「ダイ・ハード4.0」の 4.0とは 何か 調べてきました 

ネットより
  
『ダイ・ハード4.0』(Die Hard 4.0 / Live Free or Die Hard)は、
2007年のアメリカ映画。
12年ぶりに制作された「ダイ・ハード」シリーズ第4作。

北米での原題は"Live Free or Die Hard"だが、
北米以外では"Die Hard 4.0"のタイトルで公開されている。
丁度「Web 2.0」というバズワードが流行した時期であることと、
サイバーテロが扱われてることもあって「4.0」と
ソフトウェアのバージョン番号風になっている。
邦題の読みは、CM等では「ダイハード フォー」となっている。

 


 主人公の「ワシントンD.Cへ犯人を護送するだけだったのに」というセリフは、
   映画『16ブロック』のセルフパロディである 。

 ジョン・マクレーンの日本語吹き替えは野沢那智(劇場版)バージョン
  樋浦勉(DVD版)バージョンが1枚のDVDに収録されている

 娘のルーシーに呼び捨てにされ、
  「その呼び方はやめろ」という演出は『アルマゲドン (映画)』のセルフパロディである。
  「アルマゲドン」というセリフも劇中で何回か言われている

北米での題名"Live Free or Die Hard"は、
 ニューハンプシャー州の標語(state motto)
 「Live Free or Die|Live Free or Die(自由を、さもなくば死を)」のもじりである。
 このため、本作のプリントをイギリスへ運ぶ際に「ニューハンプシャー」という暗号名を使って
 何の映画か分からないようにした。




 で。。。「4.0」が 何か 分かったかと言えば。。。
      わっかりません

   
ソフトウェアのバージョン番号風 なんですね??

   

PR

「ダイ・ハード4.0」  2007年 アメリカ
ブルース・ウィリス  ジャスティン・ロング  マギー・Q・メアリー

面白い! 
今年見た映画で「1番!!」にしよう!
2008年 ベスト」 決定!  早っ!

ブルース・ウィリス(ウィルスじゃーなくなったのね?)
大好き! 格好いいとかじゃないけど スキンヘッドも気にならない
この人の映画は 「当たりはずれ」ナシ!
全部 好き!
どこが 好きか 分からないけど 好きな俳優さんです!

ねぇねぇ・・・「4.0」って 何なのかな?

「ダイ・ハード」いつも傷つきながら 1人で立ち向かって行く姿が
いいよね~♪
おしゃべりも楽しいし!
警察1人+民間人1人だけしか 助けが無いくて
ド派手な アクション これ「アリ??」 でも 死にません!!
これでもかっ? これでもかっ!
 すご~い!

格好イイとは言えない ズタボロになって行く 姿・・・。
チャーミングな 人なんだね!


いや~ とっても楽しめました。
やはり「映画の醍醐味はココでしょう!」

しかし ロケ・・・スゴイよね!

「CSI:科学捜査班」ギル・グリッソム博士役の
 「ウィリアム・ピーターセン」が 好きなんだけど

“今秋全米放送のシーズン10で主役ギル・グリッソム博士を演じる
ピーターセンが番組を去る”らしい

この人と このチームの全員が好きで
「CSI:科学捜査班」の スピンオフの

 「CSI:マイアミ」や「CSI:ニューヨーク」より
大好きだ!!

でも CSI:科学捜査班」を降板してしまうんだぁ・・・。
CSI夜番主任、CSI捜査官レベル3(特殊技能:昆虫学)

アメリ」 2001年 フランス
オドレイ・トトゥ

あめり・・・メアリと間違えてしまいそうだ?
観たくて 観たくて待ったて 映画でした。
内容は知らなくて アメリの眉上に 揃えた前髪の
可愛い~写真だけの情報。

う~ん フランスって 少し変わった感じの
映画が多いよね?
良く言えば 「雰囲気のある映画」=独特

悪く言えば「良く理解出来ない映画」

これも まぁ~独特の世界観ですね。
好きな人は 好きかも?

フランスは 学校に行かなくても お家でも教育出来るの?
小さい頃から お家だけで過ごして 人の関わりは
出来てるの?
(空想好きな女の子に 育った!)
それでも 働けるの?


フランスの素敵な街並みが 素敵!

カフェに来ていた人達は 働いているのか?
始終 カフェのウエイトレスを見張ってる客がいたけど?

アメリの いたずらは 許されるの?


不思議な時間 感覚の映画


これも もう1度 観ると 違う楽しみが出るかも
しれない 映画ですね。

HERO」   2007年 日本
木村拓哉 松たか子 大塚寧々 阿部寛

キムタク~♪ キムタク~♪
  。。。って ファンじゃーないですよ。

TVドラマから 映画になった。
このキムタクは 格好いいね。

松たか子とは 似合うなぁ・・・ヒール履いても
身長も合うし 顔も 2人ともキレイだから
見ていて 気持ちがいいね。


ドラマの方は 最後の1回の この繋がりになる
中井貴一が出てのしか 見てないのですが・・・。
検事とは・・・? 何?
弁護士と どう違うの?

弁護士バッチと 違う事に 始めて気が付いたよ

でも 相手弁護士(松本幸四郎)がさぁ・・・もう少し
悪く働きかけなきゃー 話にならないよ。
もっと 九利生公平を追いつめなくては 法廷シーンの
大どんでん返しにならないよ?

ちょっと不満である。

それに 韓国まで行って・・・イ・ビョンホンの出番が
少ないくない・・・? 
もう1人の 2人と共に捜査する人ばかりである。

出演者も みんないいので 面白かったよ。

 ※キムタクのドラマや映画は 他の出演者が豪華!!
  これで 面白くならない訳が無いよね!

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/07 じゃす]
[05/20 まーこ♪]
[05/19 讃岐の造]
[04/09 まーこ♪]
[03/30 讃岐の造]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
まーこ♪
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・読書・PC・太極拳
自己紹介:
「映画」が好きです。
映画館で観る事は なくなってしまったけど
“WOWOW”とかTVで見た 
映画の感想などを 少し書いてます。

コメント 大歓迎です♪
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)映画空館 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]