忍者ブログ
映画やTVドラマの感想などです。 「映画」の楽しい話が 出来ると嬉しいです。 TB・コメント 大歓迎です!
| Admin | Res |
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「笑う大天使」  2006年 日本
上野樹里   関めぐみ 平愛梨  伊勢谷友介  松尾敏伸  菊池凛子
広川太一郎(ナレーション)

わらうミカエル=大天使  マンガを映画化

超名門お嬢様学校 「聖ミカエル学園」に迷い込んでしまった、庶民派お嬢様3人。
突然、母親が死に 17年生き別れになっていた金持ちの兄(伊勢谷友介)と
暮らし始めた転校生の司城史緒(上野樹里)。
名門大名華族出身の母を持つ斉木和音(関めぐみ)。
一大レストラングループ「パンプキンチェーン」の社長令嬢・(成金)更科柚子(平愛梨)。
「大天使の乙女達」と呼ばれるお嬢様方の中で、3人は思いっきり猫をかぶり、
表面上は完璧なお嬢様を演じます。
そんな折、お嬢様ばかり狙う誘拐事件が発生!
なぜか 3人は 「強い力を持つようになります。」


上野樹里は 可愛いね~♪
今回は アクションシーンも こなしてましてます。
兄役の 伊勢谷友介は 「キャシャーン」や 「ハチミツとクローバー」の時より
格好良かったよん。
上野樹里は 相手役を 光らせる女優さんだと 思います。

黒い犬の「ダミアン」は 可愛かったよ。
ナレーションの 「広川太一郎」が 相変わらず 楽しく盛り上げてくれます。

何だか 突拍子もないお話でしたね~♪
PR

米俳優のロイ・シャイダー氏が2月10日
米アーカンソー州リトル ロックの病院で感染症のため死去した。
75歳。AP通信などによると、多発性骨髄腫と診断され闘病中だった。

 32年11月、ニュージャージー州オレンジ生まれ。
代表作は世界的ヒット映画「ジョーズ」(75年)で、
凶暴な巨大サメと闘う小島の警察署長役を演じた。

 71年、「コールガール」と「フレンチ・コネクション」に出演、
アカデミー助演男優賞にノミネートされた。
79年にはボブ・フォッシー監督の自叙伝的映画「オール・ザット・ジャズ」で
アカデミー主演男優賞にノミネート。
78年の「ジョーズ2」にも主演した。



好きだった 俳優さんでした。

「王の男」  2006年 韓国
イ・ジュンギ  カム・ウソン


16世紀の韓国の宮廷を舞台に繰り広げられる歴史ドラマ
地方の旅芸人一座の花形チャンセン(カム・ウソン)と
女形のコンギル(イ・ジュンギ)は、一座を抜け漢陽へ向かう。
彼らはそこで宮廷をからかった芝居を上演し、
民衆の心をつかむ。だがある日、
王の重臣(チャン・ハンソン)に宮廷で芸を披露し
王(チョン・ジニョン)が笑わなければ死刑だと言い渡される。


王は 暴君らしいが 哀しみも伝わってくるし
品が無い王様である・・・。
「女より美しい男」として 「イ・ジュンギ」を見たかったが
美しい顔だが 顔が大きいなぁ・・・。(笑)

チャンソンと コンギルの 愛の型描きたかったのか?
王様に 寵愛された コンギルの悲しみを 描きたかったのか?
暴君を いさめる芸をさせ腐敗した 政治を辞めさせたかった 重臣のたくらみ・・・。

ただ・・・観てしまったが もう一歩 踏み込んでみたかった映画である。


昔観た 映画「さらば、わが愛 覇王別姫」
を思い出したが あれは 素晴らしい映画であった。



「イ・ジュンギ」ドラマが始まった。
こっちの方が 楽しみだわ~。

 
「ウィンターソング」  2005年  香港
金城武  ジョウ・シュン 
 
金城武 見たさで見た映画。
この人のも 当たりはずれがあるわね・・・。

私は 「金城武」が見れればいいけどね。

チャングムの誓いの 「チ・ジニ」が出てた。

みんな 歌っていたが 本人が歌ってるのなら
みんな上手いね。

10年前の 役と今の 役を 見事に演じていた主演の2人。
やはり 金城武は イイ!
相手の女優さんがね・・・あまりねぇ・・・と
思ってしまった。

内容は 分からない所もあった。

「どろろ」  2007年 日本
妻夫木聡  柴崎コウ  瑛太

手塚治虫のマンガ
実写版なんだけど 全然違う!

柴崎コウが「どろろ」何なんだ!と
ずーーっと 思ってた!

しかしっ 良かった!

「柴崎コウ」好きな女優さんである。
綺麗な人である。
でも 色気が無いし 女性らしくない・・・。
きっと 性格もだろうけど 
それが 合って この映画を 楽しんでるようで
私も 楽しめた。

マンガは読んでないけど 百鬼丸とどろろの キャラは
知ってる。

妻夫木聡も 全然 違うよね~。
この人も 好きな俳優さんで あって見る側には 楽しい!

まぁ マンガと比較しなければ 面白い作品であった。

私は この手の映画は 好きだ。

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/07 じゃす]
[05/20 まーこ♪]
[05/19 讃岐の造]
[04/09 まーこ♪]
[03/30 讃岐の造]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
まーこ♪
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・読書・PC・太極拳
自己紹介:
「映画」が好きです。
映画館で観る事は なくなってしまったけど
“WOWOW”とかTVで見た 
映画の感想などを 少し書いてます。

コメント 大歓迎です♪
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)映画空館 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]