忍者ブログ
映画やTVドラマの感想などです。 「映画」の楽しい話が 出来ると嬉しいです。 TB・コメント 大歓迎です!
| Admin | Res |
<< 08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「それでもボクはやってない」   2007年 日本
加瀬 亮  またい まさこ  役所広司  山本耕史

もう このタイトルからして 「信じる」事が 念頭に置かれてしまった。
絶対「やってない!」なのに どうして痴漢に間違われて
裁判までになって 行くのか・・・そして 最後は
「無罪」と 誰もが疑わない・・・ハズなのに “どうして!?”

えん罪の怖さ・・・?
真実なら 罪に問われない “はず”なのに どうして?
母親の 「もたいまさこ」の 演ずる 母親が 淡々としていい。
もう少し 「取り乱したり」するはずなのに・・・。

罪に問われた時に どう行動するか? 殆どの人は 未体験で
どう振る舞っていいか 分からない。
警察に行ったら 普通は 自分の言った事を 信用して
返してくれる ハズ・・・だよね?(一般市民は そう思うよ)

警察も 色々な事件を抱えて 「痴漢」について そんなに 力を入れないのか?
ここに 「科学捜査班」とかの介入もないし・・・。

弁護士にしても 「痴漢」に 関わりたくないのか?
女性に弁護士なら やはり 「痴漢」とかの弁護は 嫌だろうが?
瀬戸朝香の弁護士も 始めはやるきなし。

役所広司が出て来た時には 「助かる?」と思う・・・重みが出てきた。
やはり 弁護士次第・・・とか 思わされたが・・・。

途中で 裁判官が替わったりして
支援者を集めしたりとか 目撃者を捜して 実証テープを作成したり
こんな事は 全部 自分たちでするのか・・・?

長い~裁判で 家族や友人や支援者が 不可欠になるんだね?

最後の裁判で 友人の山本耕史の言った
「こんな裁判 見てられるか!!」
そうだよ その言葉だよね・・・誰もが あまり 怒らない中
不満も募るよね?

淡々と 描いてる中 見てる私も 怒りはあまり出て来ないけど
やはり「裁判は公正に行われるべきだと思う。」

確かに 痴漢は許せない行為である 女子高校生からしてみれば
絶対 許し難いものだ・・・。
何度も会っているのなら 自分でも 防ぐ事を考えねば。。。
(鈴木蘭々がしたように スカートの下に スパッツをはくとか?)

PR
kikuchi-2.jpg






「バベル」  2006年 アメリカ・メキシコ
プラッド・ピッド  菊池凛子 役所広司 ケイト・ブランシェット

モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)と
スーザン(ケイト・ブランシェット)がモロッコの荒野で
アメリカ観光客を乗せたバスが
襲撃されて  妻が負傷するという事件が起こる。

アメリカでは その幼い子供達を 面倒を見る メキシコ人の乳母
息子の結婚式の為に メキシコに行かなくてはないらないが
すぐに ベビーシッターが見つからないので 子供達を連れていく。

東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコ(菊地凛子)は
母の自殺後 父親と暮らし 満たされない何かがあった。

モロッコでの 異国での負傷での いらだち。
また 撃った子供達のとまどい。
東京でのチエコの存在とは?
メキシコに連れて行かれ 国境で置き去りになった子供達は?



緊迫感があるんだよね・・・。
それは 先が読めないけど 悲しい感じが一杯だった。
誰かが 悪いのでも無くて 「偶然の繋がり」だけで 起こった事。


最後には 誰も死ななくて良かったよ・・・?
あのモロッコの子供は どうなったのか?
チエコが 刑事に渡した メモには何が書いてあった?
最後の エンディングには 何の意味があったの?

メキシコ人の乳母役 「アドリアナ・バラーザ」
子供達を親身に面倒を見て すごく良かったわ。
一生懸命だったのに 最後の扱いは いいのかい!

子役の女の子 「エル・ファニング」 ダコタちゃんの妹だったのね~?
似てると思ったわよ。
 
想像した内容と 全然違ってたわ~♪
言葉の通じない相手と 会話出来る 手話で 全世界を
相手にするのかと思ってたけど?
だから 聴覚障害の娘の存在が 大きくなるのかと思ってたけど
日常の事では無いけど ありそうな事件でもある・・・世の中の話だった??

「バベル」の意味は・・・?

 









「ディパーテッド」  2006年 アメリカ
レオナルド・ディカプリオ   マッド・デイモン  ジャック・ニコルソン

レオナルド・ディカプリオ 好きな俳優である!
この映画は 面白かった!
これぞ「映画を観た!」って 感じである。。。久々である。
前は 「レイ」を観た時だったね。
“見応えがあり 息をもつかせない 152分でも 長く感じない”

生い立ちや親族の為に 宇宙飛行士並の優秀な頭脳を持ちながら
マフィアの潜入捜査を命じられる 若き警察官。
それも回りの人にも知らせない為に 2人の上司しか
素性を知らない・・・。
この2人が また いいんだなぁ~。

苦悩する ディカプリオの表情が何とも 悲しく
助けて!! 助けて!! と力がこもる。

マフィアのジャック・ニコルソンの 恐ろしくもある顔
大丈夫・・・? 負けないで ディカプリオ!?
感情移入してるので ドキドキして 早く潜入捜査を止めさせて
警官に戻して・・・!!

マッド・デイモンは 反対にマフィアから警察に潜入している。
悪の中で生きて来たのに 隠し続けて 上手く立ち振る舞う。

最後の所で 2人が始めて 出会うけど・・・この2人のシーンも
いいわ・・・また 別の映画2人で観たいわ。

ディカプリオが撃たれるシーンも あっけなく・・・。
どうしたの?って 感じ 起きて!!

生に対する2人の違い・・・。

最後は 悲しい結末だったよね・・・。


「犬神家の一族」  2006年 日本  
石坂浩二  松嶋菜々子  尾上菊之助  富司純子  松坂慶子  萬田久子


1976年に市川崑監督によって映画化された作品のリメイク。
同じだった!!
でも 面白かったよ。

始め観た時は 「怖かった!」
菊人形も あのマスクの顔も 湖から2本出て足も
全部~ 怖かった記憶!
今も 菊人形はコワイし。。。 「すけきよ」の名前もコワイ。。。


石坂浩二の「金田一耕助」は 大好きなんだ。
TV番は 古谷一行ね!!

確かに 金田一耕助は老けたけど  全然 大丈夫だったね!

尾上菊之助って 演技を見る機会が無いけど上手いね。
親子で 親子役って・・・。

横溝正史の世界は ”おどろおどろしくこわい”けど
金田一耕助は いつも 人を救えない 探偵だけど
好きだね~。

30年経って 同じ映画を撮とうとした監督・・・なぜなんだろうか?
でも 私にとっても 印象深い映画であり
同じ・・・で(でも) 楽しめた。
同じ役者の 金田一耕助の石坂浩二も とても良かったよ。

「ホリディ」  2006年 アメリカ
キャメロン・ディアス  ケイト・ウィンスレット ジュード・ロウ  ジャック・ブラック

休暇の間だけ お互いの家を交換した 失恋した2人の女性
LAと ロンドンで 恋に巡り会う。

キャメロン・ディアスと ジュード・ロウと 恋・・・って どうみても
ケイト・ウィンスレットだけ くじがはずれてしまったと感じていたが・・・
そうでも無いね(笑)

キャメロン・ディアスと ジュード・ロウは キレイでお似合いだわ。
私は キャメロンの 「キャピキャピ」した演技(地?)は 嫌いなのよ
しっとりと話す時の方が 美しく感じるよ。

ケイト・ウィンスレットは 大人になって良くなったね。
本当に 「美しい」 この「アイリス」という役も いい役だわ。
本来なら じぇんじぇん格好良くない ジャック・ブラックも 良く見えるわ。

しかし LAの「アマンダ」の家は 途方もなく 高級なお家ね~♪

ロンドン郊外の 「アイリス」のお家は 「ローズハウス」は 田舎だけど
とっても素敵なんですよ。

LAの近所に住む 映画の脚本家の老人が またこれいいんだわ・・・。

2人の恋が 交わり 最後は 出会う・・・4人と・・・。

この「映画」は 好きだわ!
素敵な 映画でした。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/07 じゃす]
[05/20 まーこ♪]
[05/19 讃岐の造]
[04/09 まーこ♪]
[03/30 讃岐の造]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
まーこ♪
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・読書・PC・太極拳
自己紹介:
「映画」が好きです。
映画館で観る事は なくなってしまったけど
“WOWOW”とかTVで見た 
映画の感想などを 少し書いてます。

コメント 大歓迎です♪
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)映画空館 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]