忍者ブログ
映画やTVドラマの感想などです。 「映画」の楽しい話が 出来ると嬉しいです。 TB・コメント 大歓迎です!
| Admin | Res |
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[35]  [34]  [32]  [31]  [30]  [29]  [24]  [28]  [21]  [25]  [27
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「阿修羅城の瞳」      2005年

 市川 染五郎(7代目)    宮沢 りえ   渡部篤郎   

 劇団☆新幹線の舞台を 映画化した時代劇。

 魔界の王「阿修羅」復活に関わる女盗賊“つばき”(宮沢 りえ)と

 役者に身をやつした元剣士“鬼ごろし”(市川 染五郎)の

 せつない恋の行方。

 

 始めから 観なかったので ちょっと2人の出逢いが

 分からなかったが・・・以前殺した「少女の鬼」が つばきだったようだ。

 なぜ 5年で 美しい娘へと成長したか・・・?

 

 市川 染五郎の立ち振る舞いが とても美しい。

 やはり 幼い時から修行を積んで来た人の 「動き」は

 何ともいえない “美”がありますね。

 「陰陽師」の 野村萬斎 もそうでしたが 美しい所作に感心します。

 

 何だか 話が よ~わからんが つまり 鬼の党首が復活して

 街や人々を 焼き尽くして 鬼の世界を作る~の?

 その鬼に 恋して 阻止しようと立ち向かう・・・。

  (観てない部分で 阿修羅の城が出現してるようだ

  阿修羅目覚める時 逆しまの天空に不落の城浮かび、

   現し世は魔界に還る・・・らしい?)

 

染五郎と 宮沢りえの 顔が ぴったし合うだな~?

「お似合いの顔」してます。(笑)

この2人の 美しい姿を観るだけの 映画ね~。

後 特撮があるけど 日本のはいただけませんや~。

 

でも 以外と 好きな「映画」でした。

この2人ってんじゃーないけど 「雰囲気のある映画」って意味です。

 

りえちゃん 痩せてる~。

ふっくらした りえちゃんの方が好き~です。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/07 じゃす]
[05/20 まーこ♪]
[05/19 讃岐の造]
[04/09 まーこ♪]
[03/30 讃岐の造]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
まーこ♪
HP:
性別:
女性
趣味:
映画・読書・PC・太極拳
自己紹介:
「映画」が好きです。
映画館で観る事は なくなってしまったけど
“WOWOW”とかTVで見た 
映画の感想などを 少し書いてます。

コメント 大歓迎です♪
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)映画空館 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]